滋賀で地域に根ざして営業する工務店

滋賀に一戸建てを新築するときは、地元で営業している工務店に相談するのがポイントです。


地元で営業しているからこそ熟知している地域性があるからです。
高温多湿な気候に適した住まいの代表が、国産の天然無垢材を使用した注文住宅です。素材にこだわればこだわるほど、湿気対策に高い効果が得られやすいのも特徴です。
京都に隣接している滋賀ですが、琵琶湖のあるエリアと言うこともあって、湿気に悩まされない住まいを目指すと良いでしょう。

工務店によって、コンクリート基礎の高さが異なる設計の場合があります。



設計段階で施主が申し出れば、高さや幅を微調整するのは容易ですが、設計から施工までをトータルでお任せしてしまっていると、見えにくい箇所ほど分かりにくくなりがちです。
目で見やすい地上部分は、建築が始まってからでもチェックできます。
基礎と土台は、最初が肝心です。



コンクリート基礎を、少し高く設計するだけでも、湿度調整機能は効果的になります。

さらに床下をコンクリート舗装する際にも、やや地中に掘り下げておくと、床下の湿気が床上に影響しづらくなります。
滋賀は琵琶湖畔エリアでは、地下水の影響を受けやすい場合がありますので、床下を深めになるように施工することで、床下に湿気がこもっても地上部や床上となる室内に影響しにくくできます。工務店が地域に根ざして営業していればいるほど、気候にも熟知しています。気候を反映した住まいを手がけていれば、土地を見ただけでも、どのような湿度になりがちか推測しやすいので、まずは相談してみると良いでしょう。